本社中途採用情報

社員紹介

関口 薫

HITOWAケアサービス株式会社
運営一部 エリア長

関口 薫

成長を共に感じることができる企業であると確信

HITOWAに入社した理由(決め手)は?

以前は大卒から約13年小売業で働いておりましたが、介護ビジネスの成長性を感じ転職先を探している中、HITOWAグループ(以下、HITOWA)に出会いました。同業他社様々な会社とコンタクトを取る中、私自身が入社したいと思った決め手はやはり明確な成長性でした。当時の介護業界におけるHITOWAの立ち位置はまだ業界内で目立つ存在ではありませんでしたが、当時の役員面接の際に今後の介護ビジネスへの熱いビジョンを知り、「HITOWAの一員として成長を共に感じたい、そして感じることができる企業である」と確信し入社したことを今でもハッキリと覚えています。

現在の仕事内容は?

HITOWAの介護事業のブランドである「イリーゼ」を運営するHITOWAケアサービスにて、運営部エリア長職に就いています。現在、イリーゼの拠点は北は北海道、南は沖縄まで全国130拠点を超え、私は埼玉県内8施設の有料老人ホーム運営を統括しています。エリア長職は本部部門職ではありますが、どちらかというと施設回りを行っている事が多く、ホーム長や施設で働く職員さん、エンドユーザ―である入居者様・ご家族様と非常に近い立場で施設運営のフォローを行っています。

仕事のやりがいは?

私のように他業種からの転職者であっても「チャンス」は平等に与えられ、「結果」を出す事ができれば、様々なポジションを掴む事ができる実力主義の企業であります。私自身、介護の「かの字」も知らないスタートでしたが、「チャレンジ」し続ける事でホーム長→エリア長と成長する事ができました。HITOWAには仕事の成果について納得感のある評価をして頂ける土壌・風土があり、それが仕事への大きなモチベーションになっています。

仕事の難しさは?

特に有料老人ホーム事業においては、入居者様を24時間365日お預かりしケアさせて頂いておりますので、お一人お一人の「命」をもお預かりする事業でもあります。入居者様に対し、いかに安心・安全を担保しながら生活を支えさせて頂けるように運営を推進していき、その方らしい最期を迎えるお手伝いができるかという事が難しさでもあり、逆にやりがいにも繋がる部分でもあります。80年、90年生きてこられた入居者様の人生の最期の数年・数カ月に関わらせて頂ける事業である事に大きな尊さすら感じています。

今後の目標やキャリアビジョンは?

HITOWAケアサービスはこの5年間ほどで、介護事業における成長戦略を見事達成し、HITOWAの中でも中心的な事業へ成長し、それだけでなく介護業界においても大手の一角と言われる企業へ成長する事ができました。私自身もその成長に大きく関わる事ができたのはかけがえのない経験です。今後の目標については現在の限定的なエリアだけでなく、さらに多くの施設を統括できるポジションを目指し、運営のさらなる推進役となれるよう日々業務に取り組んでいます。

これから応募される方へメッセージをお願いします

HITOWAは様々な業態の会社で構成されておりますが、業態は異なっても共通するのは「人」の力です。その「人」の力で「人」の為に様々なサービスをご提案し成長し続けている企業こそがHITOWAです。HITOWAの成長は文字通り従業員一人一人の成長によって成し遂げられています。皆さんの成長を是非HITOWAで試してはみませんか?共に成長し続けましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加