本社中途採用情報

社員紹介

HITOWA GROUP 本社中途採用 > 社員紹介 > 朝倉 裕香奈

朝倉 裕香奈

HITOWAキャリアサポート株式会社
事業管理部 カスタマーサクセス課

朝倉 裕香奈

より女性が働きやすく、キャリアアップを目指せる会社にしていきたい

HITOWAに入社した理由(決め手)は?

「人をサポートする仕事」が良いな…と、はじめは漠然と考えていました。そんな中、友人の紹介でこちらの会社を知り、自分が求める「人をサポートする仕事」であること、そして「今もこれからも世の中に必要とされる業界であること」、「前職で培った傾聴力・会話力が活かせる仕事」だと感じたことで、入社を決意しました。
また、結婚して間もなかったこともあり、家庭との両立ができるのか?産後も働きやすい環境であるか?という福利厚生の部分も私にとって重要な項目でした。面接の際、業務だけでなく福利厚生もしっかりと説明して頂き、妊娠中、出産後も働きやすい環境であると納得できたことも決め手の一つとなりました。実際に出産・産休・育休・復帰を経験しましたが、入社前のイメージと祖語なく働けています。

現在の仕事内容は?

カスタマーサクセス課という部署で、カスタマーサービス担当として勤務しております。弊社にご登録いただいた求職者様とはじめてお話をさせていただく窓口で、介護・保育業界で転職を希望している求職者様へお電話をし、希望条件を伺い、意欲を高め、安心して転職活動が行えるようサポートしていく仕事です。単なるナビゲーターとして事務的に話を聞くのではなく、人材コンサルタントとして丁寧にヒアリングし、向き合うことで、「当社に登録してよかった」「当社に転職活動を任せたい」と思っていただけるように努めております。
また、その方に合った求人のご提案や面接当日に同行をする各支店のエリア担当者への引き継ぎも大切な業務です。エリア担当者が提案しやすいよう、ヒアリングした内容を漏れなく、スピーディーに引き継ぎます。

仕事のやりがいは?

カスタマーサクセス課は、10月から新設された部署で、準備期間から携わっていました。大変なこともありますが、その分、新しいことが徐々に形になっていく過程に携われることはとてもやりがいがあります。また、一部の低迷していた面談率が、カスタマーサクセス課の立ち上げによって改善したときや、自分が面談して支店に繋げた求職者様にぴったりの求人が見つかり、そこからさらに内定・入職につながったという報告を受けたときもやりがいを感じます。
その他にも、通常業務以外に、新人のメンターを任されていることもやりがいにつながっています。新人さんが一つ一つ業務を覚えていき、求職者様を引き継いだ営業に褒められると、自分が褒められたように、とても嬉しく思います。

仕事の難しさは?

カスタマーサクセス課は新しく立ち上げたばかりの部署なので、CS担当全員でルールを作りながら進めていく段階です。そのため、壁にぶつかることも、とても多いです。そんな時は試行錯誤を繰り返し、メンバー全員で意見を出し合い、問題点をひとつひとつ改善していきます。メンバーによっては考え方が違うこともあるので一つにまとめていく難しさはありますが、チームとしての決断力も強くなっていくように感じます。
また、求職者様とは電話でお話するので、声だけのお付き合いになります。お互いに表情が見えない分、こちらの話し方ひとつで信用を失ってしまう恐れもあります。声や言葉の選び方に気を配り、求職者様により安心してお仕事探しを任せていただけるよう、心がけています。

今後の目標やキャリアビジョンは?

入社当初は横浜支店でコーディネーター(求職者様と求人企業の仲介役)として勤務していました。妊娠、出産を経て、現在はカスタマーサクセス課に異動、育休明けの時短帯で勤務中です。子供の成長に応じてフルタイム勤務に戻し、家庭と両立しながら仕事を続けていきたいと考えています。その為にも、限られた時間の中でいかに「効率的に働くのか」「成果をあげられるのか」を意識して取り組んでいます。尊敬している直属の上司も家庭のある女性で、仕事はもちろん私生活の相談にも乗ってもらっています。仕事ができて細かな気配りもできるすばらしい方なので、その方のように、家庭を大切にしつつ、同時にキャリアも積んでいければと思っています。また、私自身が限られた時間の中で成果を出すことで女性が働きやすい会社にしていくことも、私の役割だと思っています。

これから応募される方へメッセージをお願いします

「人の役に立ちたい」「やりがいのある仕事をしたい」「キャリアを積んで活躍したい」等、何事にも前向きに、一生懸命になれる方が活躍できる会社だと思います。また、家庭との両立にも協力的な会社なので、女性でもキャリアアップを目指せます。結婚・出産・介護等、女性は人生の転機においてプライベートか仕事かを選ばなくてはならないことが多いと思いますが、そんな中でも、その時々に合わせて勤務ができると思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加